日本の市民風車一覧です

天風丸

天風丸/秋田県潟上市(旧天王町)

「はまかぜ」ちゃんを生み出したNPO法人北海道グリーンファンドが、「市民風車の会あきた」とともに2003年3月に建設した市民風車です。市民風車の会あきたでは、県内初の市民風車を地域の環境活動に活かそうと自然エネルギー、省エネルギーをテーマにしたセミナーの開催や見学会などを行い、天風丸に続く、風こまち竿太朗の建設にも携わっています。

エピソード

天風丸という愛称は、潟上市が市町村合併して誕生する前の地名「天王町」に由来したものです。また市内の中学校生徒会では、地域の環境福祉に役立てようと自主的にアルミ缶回収を行っています。2003年はこの収益金から天風丸への出資を行い、オープニング祭では歓迎のスピーチ、文化祭での研究発表など自然エネルギーに対する理解が深まっています。

市民出資

当社(自然エネルギー市民ファンド)と地元有志が参加して設立した事業会社の2社が全国枠、地域枠に分けて出資を募集しました。

基礎データ

風車の大きさ 風車の大きさの見方

  1. ロータ直径:70メートル
  2. ハブ高:63.7メートル
  3. 定格出力: 1500キロワット
風車メーカー REpowerSystem社製(ドイツ)

天風丸 市民風車 天風丸市民エネルギー

関連リンク

アクセス

(1)潟上市までのアクセス
<東京起点>
飛行機:羽田空港-(JAL,ANA/60分)-秋田空港-(連絡バス50分)-秋田駅-(JR男鹿線/30分)-二田駅
JR:東京駅-(新幹線こまち/230分)-秋田駅-(JR男鹿線/30分)-二田駅

(2)風車までのアクセス
二田駅から国道101号を越えて日本海に向かって約2キロメートル。バスなどは出ていません。風車の見学にはお車のご利用をお勧めします。

[住所]
秋田県潟上市天王字浜山