日本の市民風車一覧です

風こまち・竿太朗

風こまち・竿太朗/秋田県秋田市

市民風車をシンボルとして県内で活動する「市民風車の会あきた」などの呼びかけにより、秋田で2、3号機目の市民風車として2006年3月に誕生しました。天風丸を含めて秋田の市民風車3兄弟は、お揃いのナセルロゴをつけています。

風車の愛称募集は、秋田市教育委員会に協力を得て市内の小学生を対象に実施され、秋田らしいステキな名前が選ばれました。 「風こまち」は、小野小町の生誕地であることから、竿太朗は 東北三大祭の一つ「竿燈(かんとう)まつり」から一文字いただきました。

エピソード

2006年7月、2基の誕生を記念して、風こまちの建った秋田マリーナにてオープニング記念「風の音楽祭」が行われました。県内で活動するNPOや大学サークルなどの活動紹介や出店もあり、多くの人が訪れました。目玉のミニライブには、環境活動にも熱心なミュージシャンの白井貴子さんが登場し大いに盛り上がりました。

市民出資

2006年に誕生した他の4基の風車とともに、当社にて市民出資を募集しました。

基礎データ

風車の大きさ 風車の大きさの見方

  1. ロータ直径:77メートル
  2. ハブ高:63.6メートル
  3. 定格出力: 1500キロワット
風車メーカー REpowerSystems社製(ドイツ)

竿太朗(市民風車) 風こまち(市民風車発電)

関連リンク

アクセス

(1)秋田市までのアクセス
飛行機:羽田空港-(ANA,JAL・1時間5分)-秋田空港-(リムジンバス・50分))-秋田駅
JR:東京駅(秋田新幹線・3時間59分)-秋田駅
高速バス:新宿駅西口-秋田駅前(8時間30分:夜行便(小田急バス・秋田中央交通)

(2)風車までのアクセス
風車近くまでの便利な公共交通機関がありません。お車のご利用をお勧めいたします。

[住所]
風こまち: 秋田市飯島字堀川
竿太朗: 秋田市新屋町字砂奴寄