レラくる

石狩ウインドファームファンド(レラくる) / 石狩市(北海道)

札幌市の中心部から北へ約15km。日本海と向き合う小樽市から石狩市にまたがるエリアに石狩湾新港があります。周辺の工業団地には多数の企業が操業しており、北海道中央部の産業拠点として電力需要も高く、風力、太陽光、バイオマスといった再生可能エネルギーの発電所が集中しています。
既に運転中の3基の市民風車(かぜるちゃん、かりんぷう、かなみちゃん)にほど近い、この石狩新港地域内に、2018年12月、計画に着手してから7年を要し、7基の風車で構成される石狩コミュニティウインドファーム「レラくる」が運転を開始しました。
石狩ウインドファームファンドでは、この、市民風車で初めてのウインドファーム「レラくる」に多くのみなさまにご出資いただくことができました。
もちろん。愛称の「レラくる」も、地元石狩市の小学生のみなさんからの応募で名付けることができました。

基礎データ

風車の大きさ 風車の大きさの見方

  1. ロータ直径:103m
  2. ハブ高:85m
  3. 定格出力: 3,200kW×7基 (出力調整により合計出力を20,000kWとする)
風車メーカー GE Renewable Energy社製
正式名称 石狩コミュニティウインドファーム
事業主体 株式会社ウイネット石狩
運転開始 2018年12月

レラくる レラくる 竣工記念セレモニー レラくる 説明&市民イラスト 

アクセス

[住所]
北海道石狩市新港南3丁目他