TOP >>私たちの「思い」と「お金」でできること〜出資されたみなさまの声〜
私たちの思いとお金でできること
これまで10基の市民風車ファンド、市民風車応援ファンド(輪島門前)に出資いただいた3406名のみなさまのなかから、メッセージをお寄せいただいた方の「思い」をご紹介します。

皆で力をあわせて

ランプの灯りで勉強をしたという私の祖母が、嫁入りするちょうどその日(大正2年)、三重県の小さな村に電灯が灯ったそうです。たった96年前の話です。今 私は、灯りだけでなく冷蔵庫・電子レンジも 掃除機・洗濯機も テレビもパソコンもクーラーも手放せません。もちろん節電は、心掛けていますが。
専門家じゃありませんから、細かい数字は分かりません。でもCO2を排出する火力発電や自然を破壊する大型ダムの水力発電は増やしたくありません。

原発は、先ずプルトニウムの半減期が長〜いです。4500年ぐらい前の古代エジプト文明 ピラミッドに書かれた文字だって、人類は一度忘れてしまったじゃありませんか。人類に管理し切れるとは思えません。それに日本は、阪神・淡路や中越沖などの例を見るまでもなく地震大国です。大丈夫のはずの高速道路が折れていました。想定外だったのです。原発自身も40年もつはずのシュラウドにヒビが入り20年足らずで取り換えなければいけなかったりしました。これも想定外だったのです。「想定外」は必ず起こります。

風車だって、野鳥がぶつかったり 音が煩かったり はたまた「折れた」 というニュースも聞きました。でもそれらは、人類にとって致命的ではありません。工夫していけそうです。チェルノブイリ事故後の様子を見ても、放射能の事故は致命的です。取り返しがつきません。共存できません。

放射能と同じように目に見えなくても、風はいいなぁ! ソヨソヨ ヒューヒュー どっどどどどうど ヒュルルヒュルル

人類の誕生以前から吹いていました。そうだ、やはり風車にしましょう! そう思ったのなら誰かがしてくれるのを待っていないで、皆で力を合わせてお金を集めて作っていきましょう。

市民風車ファンド2006(大間・秋田・波崎・海上)に出資された 河合麻子様(東京都)


縁を求めて

北海道には行った事がなく親戚や知人もいませんでしたが、 以前から機会があれば訪れてみたいと考えていたところ、風車への出資を募集している事を知り、縁を求めて円を出しました 。
エコのためにお金を出すことが、みんなのためになるだけではなく、お金が増えて返ってくるので、銀行に預金するより益があると思えました。

昨年7月、実際に現地に行き風車をしっかり確認してそれから道内を巡ったのですが、風土や歴史、自然、町や人々の人情などを知ることができて、思い出深く親しみを覚えるところとなりました。

能登にも新たに縁をつくるつもりで、出資しようと考えています。

かりんぷう(北海道石狩市)に出資された 松田薫様(大阪府)


未来への贈り物

子や孫に遺そう…というほど豊かではありませんが、何かしてあげたいなぁという気持ちはありました。 ただ「モノ」は邪魔になることもありますし、「現金」は相手は喜ぶかもしれませんが、何かつまらない気がしていました。

そんなときに知ったのが風車への出資です。 自分のお金が風車になって電気をつくるなんて愉快ですし、夢があるなぁと思いました。風車のオープニング祭には孫を連れて行きました。そして風車に記された孫の名前を探して家族で記念写真を撮りました。

エネルギーや風車のことなんて、自分には関係がないと思っていましたが、いまではそういう報道にも目が行くようになりました。 子や孫にも自慢でき、喜ばれ、新しい世界も広がって、楽しい経験させてもらっているなぁと思います。

まだ先の話ですが風車への投資が子や孫に引き継がれれば、自分の思いも伝わるのかな、と思います。もちろん、契約満了まで元気でいるつもりです(笑)

かぜるちゃん(北海道石狩市)に出資されたC.K様(東京都)


自然のチカラとともに

自然の力で電気ができること、自然の力で電気を作ると
新しい価値が生まれること、自分が生まれた年に生まれた風車が
まわり続けてお金として返ってきたこと、
その風車に自分の名前が書かれていたこと、を知って欲しかった。
もちろん自分の親がその仕事に関わっていたこと、も伝えたい、 と思ってました。

市民風車ファンド2006(大間・秋田・波崎・海上)に出資された S.A様(東京都)



応援メッセージはこちらから→


ファンド一覧 市民風車 会社案内 よくある質問 サイトマップ ウェブサイトにおける個人情報の取扱いについて プライバシーポリシー